時代と共に進化していく情報社会ですが、それに比例するようにサイバー攻撃やウイルスも生まれています。
サイバー攻撃はセキュリティを強化し、ウイルスはアンチウイルスソフトを導入して防いでいると思います。

そんな中、昔からある詐欺方法が今でも絶えることなく行われています。
それは「ワンクリック詐欺」です。
1クリックするだけで架空請求を受けてしまうシンプルな詐欺ですが、どうして減ることがないのでしょうか。

1つは、スマホの登場によりこういった被害に関心がない人が増えているためだと思います。
スマホではサイトだけでなく、アプリでもこういった被害が多く、またシャッター音をつけて驚かすなどの細かい手口も見られます。

もう1つは、ワンクリック詐欺の仕掛けは、被害者が何人増えようが手間は1人分で済むのです。
その手軽さから、一向に減る気配がないのでしょう。

DOS攻撃やウイルスと違って、ワンクリック詐欺は無視すれば何の被害もありません。
しかし、人間は脅しや精神的な攻撃に弱いので、今後も詐欺被害者は減ることはないかもしれません。

インターネットを利用するときは、対策だけでなく、自己判断力が何より必要なのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です